私たちの病院は「民医連」に加盟しています。
無差別平等 差額ベッド代無料

メニュー

実習はオーダーメイド、こんなことが経験できます!

  • ・地域医療体験
  • ・研修医体験(患者さんを受け持つ場合は3日以上必要です)
  • ・研修医同行
  • ・教育回診
  • ・病棟回診
  • ・手術見学
  • ・総合診療外来、退院後フォロー外来などの外来見学
  • ・訪問診療、訪問看護など在宅分野での実習
  • ・多職種体験(看護、リハビリ、放射線技師、検査技師、など)
  • ・学習会・カンファレンスへの参加
  • ・患者さんインタビュー
  • ・ER当直体験
  • ※「女性医師の働き方」「リハビリテーション」「外科」「精神科」「都会と郊外の地域医療」などの「テーマ実習」も参考にしてください。
  • ※その他、ご要望などありましたら担当者までご相談ください。
  • ※体制や曜日によって見学できるものが変わります。

地域医療体験(主に低学年向け)プログラムの一例

  午前 午後
1日目 8:45~
朝会
自己紹介
病棟看護師体験
患者さんインタビュー
訪問診療
2日目   病棟回診
MSWレクチャー
多職種体験
検査技師・放射線技師・栄養士など
※振り返り発表

医学知識がなくても大丈夫、病棟、外来、在宅など様々なフィールドで働く医師の姿から将来像を考えるお役に立ててください。また、病院では多種多様なスタッフが患者さんに寄り添っていることを実感として学ぶことができる実習です。

患者さんと一対一で向き合って、入院生活などについてインタビューすることも可能です。

地域の中で病院が果たす役割を学ぶことのできる訪問診療、訪問看護など在宅分野での実習も好評です。

研修医体験(主に高学年)プログラムの一例

  午前 午後 夜間
1日目 8:45~
朝会
自己紹介
総合内科病棟
回診
総合内科病棟  
2日目 8:00~
学習会
8:45~
朝会
総合内科病棟
教育回診
救急外来 当直(ER)
3日目 8:00~
学習会
8:45~
朝会
訪問診療 総合内科病棟
回診・カンファレンス
振り返り発表

当院での研修をより実感して頂くために、高学年については患者さんを1名担当していただきます。一足早く医師になったときの自分を体験して下さい。また、それこそが当院での研修を最も理解できる方法だと思います。

※患者さんを受け持つ場合、3日以上の実習期間が必要となります。それ以下の日数の場合でも例のように研修医や指導医についての見学等をすることができます。

学外実習受け入れについて

受け入れ実績

  • 千葉大学 クリニカルクラークシップ(4週間)
  • 筑波大学 エレクティブス(1~2週間)
  • 杏林大学 クリニカルクラークシップ(4週間)
  • 群馬大学 公衆衛生学地域保健実習(1週間)
  • 神戸大学 6年次個別計画実習(3週間)
  • 金沢医科大学 学外個別実習(1週間)

東葛病院ではクリニカルクラークシップ、エレクティブなど大学カリキュラムによる学外実習受け入れを行っています。上記以外の大学でもカリキュラム要件を満たすことが出来れば受け入れ可能です。大学との手続きやカリキュラムの調整などが発生するため、事前の打ち合わせが必要となります。まずは担当者までご相談ください。

  • ※患者さんの容態や体制の変更などでプログラムは変更する場合があります。
  • ※終了時間に配慮したプログラムを作ることも可能です。ご希望がある場合はあらかじめお申し出ください。

連絡・お問い合わせ先

TEL04-7199-3845
E-mailtk_igakusei@tokyo-kinikai.com


医学生担当
榎本・大根・星野(えのもと・おおね・ほしの)

医者 医者