私たちの病院は「民医連」に加盟しています。
無差別平等 差額ベッド代無料

メニュー

わたしたちがめざす研修は、「一人の患者を地域の中で継続的に診療することです。入院では急性期治療を行い、リハビリテーションを提供し、訪問診療で在宅医療を行う、このように必要な医療を時系列に沿って地域の中で行うための力量を身につけます。」

本当の意味で、一人の患者の主治医となれる研修です。地域の中で患者の期待に答え総合内科医師として、育っていくことをめざしています 。

当院の総合内科後期研修では、指導医、研修医という関係だけでなく、スタッフの一員として、ともに東葛病院を運営していく医師の仲間として育ちあっていくものと考えています。

  • 1.現在の2年間の初期研修だけでは内科の総合力は不十分です。当院では総合内科の力量を高めるために初期2年+後期3年間の5年間をひと区切りと考えています。
  • 2.内科の中で得意とする専門領域を持つことは、専門職としての医師に求められることです。しかし専門領域しか診療できない「専門医」では、患者・地域住民のための地域医療を行なうには不十分と考えています。
  • 3.普遍的に通用する医療技術を修得して、医師としての力量を高めることが必要と考えます。 メディカルスタッフとおたがいの専門性を尊重した集団医療の中で、医師がチームリーダーの役割を果たせるようにします。
  • 4.インフォームドコンセントを実践し、患者の人権尊重ができること、また、社会的困難や経済的困難に陥っている患者・家族に配慮でき必要な制度の活用に結びつけられるようにします。
  • 5.個々の医師の希望や適正を考え、研修の到達度とあわせて柔軟な教育的配慮をおこないます。

総合内科後期研修の評価について

[評価組織]院長、診療部長、病棟医長、各科科長から選任された医師育成委員会

総合内科後期研修プログラム

1.2.3年の研修期間中に全般的には以下の内科領域の基本を修得します。

1.入院医療

病棟医療の実践の中で、内科系基本疾患(呼吸器、消化器、循環器、糖尿病、腎・透析、脳卒中など)のガイドラインについて学びます。

2.外来医療

総合内科外来での新患者の診療を担当し、基本的な外来診療の能力を習得します。

3.ER型救急

救急外来で内科、小児科、外科、整形外科、婦人科、精神科等の軽症から重症患者の適切なトリアージの判断、全身管理、マネジメントを研修します。

4.在宅医療

訪問診療を行い、在宅での医療提供、介護、社会保障・福祉について研修します。 基本的手技・技術の獲得を行います。 高齢者医療、がんターミナル患者、障害者医療、痴呆性疾患への対応などを修得します。

5.基本となる手技、技術獲得

中心静脈カテーテル留置をはじめとする観血的処置、気管内挿管、電気的除細動、超音波検査、内視鏡検査などの手技の習得を行います。 心電図、胸部XP、CT、MRI等の読影力の修得を行います。

6.自己研修

症例のまとめ、報告、学会発表などを通じて、日常的に研修する姿勢を養います。内科学会認定医を受験できる力量をつけます。

研修スケジュール

1年目

初期臨床研修プログラムでの、内科部分を補完する事を基本とします。 総合内科病棟で病棟スタッフ医として勤務します。 この中で、初期研修医への研修指導のアシスタントを行ないます。(屋根瓦の一枚目) また、期間中に内科認定医に必要な症例の獲得を行ないます。

2年目

4年から5年の期間を通じてサブスペシャル(専門分野)の選択期間とします

5ヶ月間救急病棟で急性期内科研修

当院は東葛北部地域の2次救急医療を担い、流山市の救急医療に貢献しています。PCI、血液浄化療法を始め、救急対応を24時間行っています。

4ヶ月間の総合内科病棟で急性期、亜急性期の内科研修

急性期を過ぎた患者、糖尿病、呼吸器疾患、消化器疾患の慢性疾患の管理などに対応します。また療養病棟への患者紹介、地域医療機関との連携・協力で地域医療を担います。

3ヶ月間の慢性期病棟(回復期リハビリ病棟含む)

急性期が終了した後の在宅復帰前の患者に、社会資源としての介護保険制度の活用など在宅復帰のマネジメントを研修します。リハビリ医療の基礎を学びます。各種制度活用(書類の理解)をはかります。

3年目

3ヶ月間の診療所研修

看護師、事務等のスタッフと協力して診療所医療の基本を学びます。また、地域での在宅医療(訪問診療、ヘルパー)を研修します。

3ヶ月間の中小病院での内科研修

代々木病院、みさと協立病院、中野共立病院をはじめとした、中小病院で研修をおこないます。医療機能の異なる都心の病院での内科医療を研修します。

6ヶ月間の総合内科病棟で研修

各病棟で主治医として患者に責任を持ちます。急性期を過ぎた患者、糖尿病、呼吸器疾患、消化器疾患の慢性疾患の治療・管理などに対応します。また療養病棟への患者紹介、地域医療機関との協力で地域医療を担います。初期研修医の指導アシストを行ないます。

3年目以降

総合内科病棟医長を一定期間担当します。
病棟の医療活動、運営、経営活動、メディカルスタッフの研修等に責任を持つことを学びます。 病棟医長終了後は、常勤医師としてサブスペシャルの専門研修や病棟医として研修指導等を行ないます。 検診や産業医活動を担います。 医師会活動など対外的な地域活動も行います。

東葛病院では以下のような施設認定を受けています。内科だけでなく各科の専門医へ挑戦できます。

日本内科学会認定医制度教育病院、日本循環器学会循環器専門医研修施設、日本呼吸器学会認定施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本プライマリーケア総合学会認定医研修施設、日本消化器病学会関連施設、日本緩和医療学会認定施設、日本透析医学会専門医制度認定施設、日本気管支学会関連認定施設、日本麻酔学会麻酔指導施設、日本呼吸器外科学会指導医制度関連施設、日本病理学会認定病理医制度登録施設、日本臨床検査医学会認定研修施設、日本泌尿器学会専門医制度泌尿器専門医教育施設、日本外科学会認定医修練施設

応募について

応募資格
初期臨床研修を修了(見込み)した医師
募集人数
若干名
応募方法
下記の書類提出による
提出書類
(ア) 履歴書
(イ) 医師免許証(写し)
(ウ) 健康診断書
(エ) 初期研修修了書(見込み)・研修実施機関に在籍を証明するもの
(オ) 志望動機(A4、1枚以内。様式は問わない)
試験日
随時
選考方法
面接

連絡先

TEL04-7159-1011(院所代表)
E-mailtk_medical_pr@tokyo-kinikai.com


医師部事務局
武井・藤井・清原

医者 医者