私たちの病院は「民医連」に加盟しています。
無差別平等 差額ベッド代無料

メニュー

獲得目標

(1)ER・総合診療に必要な診療能力を獲得する
(2)東葛病院と民医連医療の実践に必要な医師として成長する
(3)日本救急医学会救急専門医を取得する

プログラム責任者

大野義一朗(東葛病院副院長・外科部長)

指導責任者

後藤慶太郎(東葛病院救急科科長)

プログラム概要

地域救急医療・ER総合診療の力量を身につけ、民医連後期研修医として民医連医療の研讃をつむと同時に救急科専門医資格の取得を目指すプログラムです

研修カリキュラム

研修ローテート

  • 総合内科(シニアレジデントを含む)...6ヶ月
  • ER研修...6~12か月
  • 集中治療...3ヶ月
  • 内科系...循環器、消化器、呼吸器、腎透析科などについて2~3か月単位で研修
  • 外科系...外科、整形外科、麻酔科について2~3か月単位で研修
  • [外部施設]...民医連救急施設、救急センターなどを組み合わせ12ヶ月以上
  • 選択研修...小児科、産婦人科、脳外科、形成外科
  • (※入院患者は救急患者対応を基本とする)

その他

  • 地域救急医の観点から、継続して訪問診療・診療所医療を行う
  • ICT、NST、RSTなどの横断的診療チームに参加する
  • 民医連活動(医学生委員会、患者班会等)へ積極的に参加する
  • 腹部・心臓エコーおよび内視鏡技術の習得
  • JATECへの参加、JPTEC,ICLSインストラクター資格の取得
  • 学会参加・発表を推奨する(参加費用は院内規定により支給)
  • 職場教育、看護師向け学習会、院内災害訓練の実践

モデルとなるローテーション(例)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 総合内科(研修指導含む)東葛病院 ER研修 東葛病院
2年目 集中治療東葛病院 循環器(内科)東葛病院 消化器(内科)東葛病院 腎透析科東葛病院
3年目 3次救急 外部施設(民医連内・外合わせて)
4年目 3次救急 外部施設(民医連内・外合わせて) 産婦人科 東葛病院 小児科 東葛病院 外科 外部施設 整形外科/ER研修/麻酔科/東葛病院

研修者の評価方法

  • 評価 :東葛病院後期研修委員会にて行う。
  • 構成 :プログラム責任者、指導医、各科科長あるいは医長等の現場指導責任者、研修事務局。
  • 評価時期:ロ-テートの変わり目で評価を行う。年間を通したロ一テートの場合も概ね3月に一度行う。
  • 評価内容:自己評価表に基づき研修医の報告を受け全体で振り返りを行う。評価は形成的評価を目的として行われる。

応募について

応募資格
初期臨床研修を修了(見込み)した医師
募集人数
若干名
応募方法
下記の書類提出による
提出書類
(ア) 履歴書
(イ) 医師免許証(写し)
(ウ) 健康診断書
(エ) 初期研修修了書(見込み)・研修実施機関に在籍を証明するもの
(オ) 志望動機(A4、1枚以内。様式は問わない)
試験日
随時
選考方法
面接

連絡先

TEL04-7159-1011(院所代表)
E-mailtk_medical_pr@tokyo-kinikai.com


医師部事務局
武井・藤井・清原

医者 医者