• 差額ベッド
  • 無料低額診療
  • 新病院OPEN
  • 小児科
  • 地域医療
  • 綱領
診療のご案内 チーム医療 救急医療チーム

トップページ >> 診療のご案内 >> チーム医療 >> 救急医療チーム

BLSとは

BLS(Basic Life Support)とは、一次救命処置のことです。
急に倒れた人や、窒息を起こした人に遭遇したとき、その場に居合わせた人が、救急車が到着するまでに行う応急処置のことを指します。
当院では「気道の確保、人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使用など」の訓練を行っています。

ACLSとは

ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)とは、二次救命処置のことです。
救急車で搬送される途中、検査中、病棟で急に心肺停止になった場合に、適切な処置をしないと命にかかわります。
当院では「後部圧迫式心臓マッサージ、アンビューバック、除細動器、心室細動の標準的治療など」の訓練を行っています。

救急救命処置

当院では救急医療委員会を中心とし、市の救急救命士の方々を講師に迎え、職員を対象としたACLSの講習会が年に1回、BLS講習会が年に2,3回ずつ開かれています。
この他にも救命処置の様々な訓練を定期的に行い、各職員が適切な動きができるように心がけています。

大規模災害に向けた活動 トリアージ訓練

大規模災害発生時の対応訓練「トリアージ訓練(患者の重症度で振り分ける)」を行いました。千葉県沖を震源とした震度6以上の地震が発生した事の放送が全館に流れ、災害本部が立ち上がり、患者受け入れの準備が整いました。
トリアージ現場では医師2名、看護師2名、事務2名が2チームに分かれ、それぞれの患者にトリアージを実施していきました。

東葛病院
270-0153 千葉県流山市中102-1
04-7159-1011
東葛病院付属流山セントラルパーク
駅前診療所
千葉県流山市前平井155わかばビル2階
04-7158-7710
東葛歯科
千葉県流山市前平井155わかばビル4階
04-7159-6775
医師・医学生のページ救急・総合診療科看護部サイトスタッフ募集(医師・看護師以外)医療機関の方へ東葛病院ブログ病院の施設敷地内は全面禁煙ですfacebook