• 差額ベッド
  • 無料低額診療
  • 新病院OPEN
  • 小児科
  • 地域医療
  • 綱領
診療のご案内 検査室

検体検査室

生理検査室

病理検査室

生理検査室

負荷心電図検査(エルゴメーター)

心電図検査

心電図検査
一般に『心電図』と呼ばれる検査では、手首足首、胸部に電極をつけて心臓の安静な状態を調べます。又、携帯型の心電計を24時間装着して日常生活中の心電図を調べたり、ベルトコンベア上を歩いたり自転車をこいで心臓に負荷をかけて、安静時にはわからない心電図の異常を調べる検査も行っています。

血圧脈波検査

24時間血圧測定検査

血圧脈波検査
両足首・腕に血圧計を巻き、血圧の差と血流の速度から動脈硬化やつまりの程度を調べます。装着と検査にかかる時間は10分ほどです。また、24時間の血圧変動を調べるための携帯型血圧計の検査も行っています。30分に一度自動的に測定します。

呼吸機能検査

呼吸機能検査
息を吸ったり吐いたり、頑張ってもらう検査です。換気機能をみる検査で、肺活量や努力性肺活量、残気量、肺拡散能力などの測定を行っています。
肺気腫や、気管支喘息などの病気の重傷度や治療効果をみます。

心臓超音波検査

腹部超音波検査

超音波検査
体の表面に専用ゼリーを塗って、リアルタイムで目的の臓器等を描出します。痛みや被爆等のリスクはありません。当院では、腹部・心臓・頸動脈・下肢動静脈・体表(甲状腺、乳腺等)の検査を行っています。

脳波検査

脳波検査
頭皮にたくさんの電極をつけて、脳が働いている時に出る電気活動を波形に直して調べます。てんかんや頭蓋内の病変を探します。
また、ヘッドホンから音を聴かせ、耳より奥の聴神経や脳まで音が伝わっているかを調べる聴性脳幹反応(ABR)も行っています。難聴や意識障害、脳死判定などで行われます。

伝導速度検査

末梢神経伝導検査
運動神経の障害(動きにくい、脱力など)、知覚神経の障害(しびれ、痛みなど)の原因が神経の異常によるものかを、手脚の神経上から刺激を加えて調べます。
また、運動障害が筋肉の異常によるものかを、医師が筋肉に針を刺して調べる筋電図検査も行っています。

聴力検査

聴力検査
音の聴こえ具合を調べます。ヘッドホンから様々な高さ・大きさの音を出して聴こえたらボタンを押してもらいます(気道検査)。また耳の後ろの骨に装置を取り付け、耳の奥や音を感じる神経に異常がないかも調べます(骨導検査)。検査時間はおよそ15分です。
睡眠時無呼吸検査
一般にPSG検査といわれる睡眠時無呼吸症候群を診断する為の検査です。機械をお持ち帰りいただく簡易的なものと一泊入院検査とがあります。
体の色々な所にセンサーを装着し、睡眠時の呼吸の状態や、それに伴う生理動態(脳波や血液中の酸素飽和度等)を観察します。