私たちの病院は「民医連」に加盟しています。
無差別平等 差額ベッド代無料

メニュー

獲得目標 地域の医療要求をつかむ能力を養う地域医療を担う能力を身につける

1.はじめに

東葛病院では、これまでも生涯にわたる医師研修に取り組んできましたが、プライマリケア連合学会認定の地域基盤型後期研修を提供することになりました。

本プログラムは

  • 新医師臨床研修制度を終了した医師
  • 地域の診療所等を基盤として活躍したい医師

のための後期研修プログラムです。

専門職としての医師に専門分野が必要です。

医療の歴史の中で、「臓器別の専門」が専門性と称せられてきましたが、「地域の中で患者、地域住民と医療活動を展開」していくことも、きわめて専門性の高い仕事であると考えこのプログラムを実施することとしました。

地域医療では病院医療以上にコ・メディカルとおたがいの専門性を尊重した集団医療の形成が必要です。その中で、必要とされるチームリーダーの役割を果たせるようにします。地域医療では患者や住民が主人公であることが意識されるべきです。

特に医療面だけでなく、さまざまな「生きていくうえでの困難」を共有しつつ、患者・地域住民の人権を尊重する、あるいは守る立場での活動ができる能力を身につけます。

2.期間及び評価

  • 研修期間:3年間
  • 評価組織:東葛病院医師育成委員会

3.地域医療後期研修プログラム

多彩なフィールドを活用し、常勤医として身分を保障し研修を行う

研修のフィールド

私たち東京勤労者医療会は、営利を目的とせず、差額ベッドを持っていません。経営は個人経営ではなく、職員や地域住民の出資にて設立されており、地域住民(友の会員)と職員が一体となって運営しています。

東葛病院には4つの診療所施設があり、コミュニティーをベースに、第一線で20年以上にわたり、保健・予防・健康づくり、外来・入院・在宅・介護を行ってきました。

教育・研究活動の実績をもとに、プライマリ・ケアを基本的とし、医師研修をはじめ、多職種の研修を行ってきています。今回の地域医療後期研修は、多彩な事業所をフィールドとして実際に常勤医師として勤務し身分保障も行います

個別目標

医師としてEBMや予防医療を重視し訓練された臨床能力を持ち、地域保健医療活動への参画を重視する視点を身につけます。診療所において非選択的な外来医療、在宅診療、保健予防活動をバランスよく行える地域医療専門医に必要な能力を獲得します。

この中で健康増進と疾病予防、幼小児・思春期のケア、高齢者のケア、終末期のケア、リハビリテーション、メンタルヘルス、救急医療、臓器別の健康問題等を行います。社会状況を知り、地域住民、はたらく人々の医療・福祉の問題を抽出し、改善するための方法を考え、実践することを行います。

指導医・研究者として学習者中心の臨床教育を実施できるようにします。

また、臨床疫学、行動科学、地域指向性プライマリ・ケアに関する研究や実践の基礎的能力をもち、地域の健康問題に対して科学的な視点でアプローチできるようにします。

生涯学習者として自己決定型学習を実施できるようにします。

常にアップ・トゥ・ディトな情報にアプローチでき、EBMを実施しつつ、反省的実践家として生涯教育をおこなうことができ、さまざまな地域プロジェクトにかかわり、リーダーシップを発揮することができるようにします。

最後に仲間として常に協同で学び、チームの一員としてその責任と役割をはたすことができるようにします。

4.スケジュール

研修ローテートモデル

1年目

2年目

3年目

1年目

地域医療にたずさわるための基礎期間と位置づけます。
東葛地域3診療所(野田南部診療所、あびこ診療所、新松戸診療所)の所属とします。

具体的フィールドについて

診療所では週2-3単位の外来診療、健診、訪問診療を継続して行います。
東葛病院の総合病棟で病棟スタッフ医として6ヶ月間内科研修を行います。 内科認定医に必要な症例の獲得を行ないます。

3ヶ月の小児科研修を行います。東葛病院小児科診療グループに所属しスタッフとして病棟医療、外来医療、地域保健予防活動に参加し初期研修医の教育にも協力します。

希望に応じて各科研修(リハビリテーション科、外科、整形外科、泌尿器科、皮膚科など)を行います。

所属する診療所は以下の法人内の3診療所とします。 診療所の所属の常勤医師と刷ることで、より地域医療研修医である事を明確にします。

所属する診療所は以下の法人内の3診療所とします。
診療所の所属の常勤医師と刷ることで、より地域医療研修医である事を明確にします。

野田南部診療所

東葛病院より自動車で20分、住宅と福祉会館、児童施設に囲まれています。患者さんからは地域のかかりつけ医として親しまれています。

訪問診療(24時間支援)は、訪問看護との協力で在宅での医療をバックアップしています。小児科は東葛病院の専門医の特診がありますが、それ以外も多く診療しています。 慢性疾患の管理、地域の健康管理を行い、東葛病院への紹介も多くあります。 歯科クリニックを併設しています。

あびこ診療所

常磐線天王台駅近隣。周辺の住宅地からの患者が多く、地域のかかりつけ医として定着しています。

東葛病院からは遠いため、入院適応がある場合は近隣の病院との連携を行っています。訪問診療、訪問看護との連携を行い慢性疾患の管理、急性疾患に対応しています。

新松戸診療所

常磐線、武蔵野線新松戸駅から至近。近隣は商業地域と住宅街、小規模事業所など。
地域の高齢化率は高い。慢性疾患管理、住民健診、事業所健診などに力を入れています。訪問診療(24時間支援)を行っています。
同一の建物にメンタルクリニック、精神科デイケア、歯科、訪問看護を併設しています。

2年目

診療所では週2-3単位の外来診療、健診、訪問診療などを行います。

6ヶ月間の集中した診療所研修を行います。

看護師、事務等のスタッフと協力して診療所医療の基本を学びます。また、地域での在宅医療(訪問診療、ヘルパー)を研修します。 この中には以下の項目が含まれます。健康増進と疾病予防 、幼少児・思春期のケア、地域の健康問題 、メンタルヘルス 、医療経営

3ヶ月間の慢性期内科病棟研修を集中して行ないます

リハビリテーション医療、高齢者へのケア、終末期のケアなどを研修します。急性期が終了した後の在宅復帰前の患者、介護保険制度の研修、必要な書類の作成などについて研修します。

3ヶ月間の急性期病棟研修を集中して行ないます

救急医療、感染症、循環器疾患などについて研修します。

補足:小児科研修、救急医療研修に関しては3年目と4年目が入れ替わる場合もあります。

病棟研修においては、病院での医療が終了したあとの患者の状況に関して、職場復帰、在宅療養、施設療養などを念頭に置いたカンファランスを重視します。病棟勤務中も診療所や訪問診療、在宅医療のチームが主催する種々のカンファランスに参加できるように配慮します。

特に高齢者の退院に際しては、介護施設との調整、行政との調整、家族との調整などの場面に主治医として参加します。

 

3年目

1年間を通じて所属する診療所の副所長として、診療所研修を行ないます。
診療所から東葛病院に入院した患者の回診、カンファランスを行います。希望により東葛病院での検査手技研修が行えます。(内視鏡、腹部、心エコー等)

評価について

東葛病院医師育成委員会にて行います。

 

構成

院長、プログラム責任者、指導医、各科科長あるいは医長など現場の指導責任者、研修医、研修事務局

 

評価時期

ローテートの変わり目で評価を行う。年間を通したローテートの場合も概ね3か月に一度行う。

評価内容

自己評価表に基づき研修医の報告を受け、全体で振り返りを行う。評価は形成的評価を目的として行われる。

 

応募について

応募資格
初期臨床研修を修了(見込み)した医師
募集人数
若干名
応募方法
下記の書類提出による
提出書類
(ア) 履歴書
(イ) 医師免許証(写し)
(ウ) 健康診断書
(エ) 初期研修修了書(見込み)・研修実施機関に在籍を証明するもの
(オ) 志望動機(A4、1枚以内。様式は問わない)
試験日
随時
選考方法
面接

連絡先

TEL04-7159-1011(院所代表)
E-mailtk_medical_pr@tokyo-kinikai.com


医師部事務局
武井・藤井・清原

医者 医者